ブルーライトの影響で睡眠障害になるって本当?メガネやフィルムをおすすめする根拠とは?

シェアする

ブルーライトという言葉を最近良く耳にするようになりましたが、
パソコンやスマホなどで目が疲れる原因になっていると言われ、
ブルーライトをカットするメガネやフィルムを
使っている方も増えているのではないでしょうか?

ブルーライトは太陽光にも含まれる青色の光で、
毎日太陽の光を浴びているのに、
どうしてパソコンやスマホのブルーライトは人に悪い影響があるのかと、
今ひとつピンと来なかったり、
人によってはブルーライトはメガネ業界のプロパガンダではないかと、
懐疑的であったりするようです。

実際ブルーライトが人に悪い影響を与えていると、
断言できるだけの医学的根拠はまだ確定されていません。

ですがいくつか分かっていることもありますので、
ここではブルーライトが人に与える影響について、
まとめてみたいと思います。


【スポンサードリンク】


<そもそもブルーライトとは何?>

ブルーライト

LED液晶ディスプレイなどが放つ
380nm(ナノメートル)~495nmの青い波長の光のことで、
太陽光にも普通に含まれている電磁波の一種です。

ちなみに太陽光(可視光線)も電磁波です。

可視光線は紫もしくは青が最も波長が短く、
次いで緑、黄、橙、赤の順に波長が長くなり、
波長が短いほどエネルギーが強くなります。

そして可視光線より波長が短くなると紫外線、
波長が長くなると赤外線となっていきます。

紫外線は日焼けなど化学的変化を及ぼす効果が強く、
赤外線は暖房機器に代表されるように熱的効果を持っています。

人間の角膜や水晶体はおよそ350nm~800nmの波長を透過し、
その波長以外は角膜や水晶体が通すことが出来ないため、
人間は紫外線や赤外線などを見ることが出来ません。

そしてブルーライトは紫外線のすぐとなりに位置する波長の光で、
私達の目に見ることのできる可視光線の中では、
最も強いエネルギーを持つ電磁波です。

現在ブルーライトはパソコンやスマホの他にも、
LEDディスプレイやLED照明など、
LEDを使った商品から多く放射されています。

<ブルーライトが問題になる訳は?>

ブルーライトは太陽光にも含まれるように、
通常の生活の中で害になる光ではありません。

むしろ人間の体内時計(サーカディアンリズムと呼ばれる)に
関係する重要な光です。

通常、私達がモノを見るときは目の中の角膜や水晶体でピントを調整し、
網膜に光が届いてモノを見ることができます。

そしてモノを見る際に角膜や水晶体で光を吸収して、
網膜への刺激を和らげるようにできています。

ですがブルーライトの場合、強いエネルギーを持っているため、
角膜や水晶体でほとんど吸収されることなく
網膜まで届いてしまう性質があります。

パソコンやスマホの場合、
近距離で直視することが多いと思いますが、
ブルーライトの強い光が常に網膜を刺激し続けるため、
非常に目に大きな負担をかけ、
酷くなると頭痛や吐き気などの影響が懸念されています。

また、ブルーライトは目の疲れ以外にも体内時計を狂わせ、
生活リズムを崩す原因にもなっていると言われています。

<青い光はピント調節が非常に難しい>

青空

突然ですが、あなたは空が青い理由を御存知でしょうか?

太陽から発せられた光は地球の大気を通過して地表まで届きますが、
太陽光の無色の光は様々な波長の色が合わさって無色に見えています。

光をプリズムに通すとわかりやすいですね。

プリズムに光を通して色が分かれるのは、
それぞれの色で波長が異なるからです。

青色は波長が短く赤色は波長が長いでしたね。

波長の長い赤系の色や赤外線などは、
大気中のちりやほこり、水蒸気などを通り抜けますが、
波長の短い青系の色や紫外線などは
ちりやほこり、水蒸気などにぶつかって散乱してしまいます。

この青の波長の散乱現象をレイリー散乱といい、
空が青い理由は大気中のちりやほこりなどの非常に小さい粒子に、
波長の短い青の光が散らされて空が青く見えるというわけです。

疲れ目

そしてレイリー散乱の例から示すように、
青い光は非常に散らされやすく輪郭をぼやけさせます。

ぼやけたモノを見るのが、
目に負担がかかるのはお分かりでしょう。

同じことはパソコンやスマホなどの
ブルーライトでも起きています。

スマホなどはその性質上、近距離で直視するものですので、
目への負担は非常に大きいと言えます。

また、液晶ディスプレイは以前のブラウン管ディスプレイに比べ、
格段に画面が明るく綺麗になりました。

これは以前のブラウン管ディスプレイなどは赤色成分が多かったものが、
青色LEDの発明によって液晶ディスプレイは青色成分が増えたためです。

青色成分が増えたということはブルーライトが多く出ているということです。

厚生労働省でも1時間のデジタル機器の操作作業を行った際は、
15分程の休憩を取ることを推奨しています。

<ブルーライトが睡眠障害を起こす体内時計との関係とは?>

人の目はモノの形を認識する錐体(すいたい)と、
色を識別する桿体(かんたい)があることは知られていましたが、
最近になってブルーライトに反応する第3の視細胞があることが分かりました。

第3の視細胞はメラノプシン含有網膜神経節細胞
(ガングリオンフォトリセプター)と呼ばれる神経細胞の一種で
ブルーライトの波長の光に反応し体内時計を調節する役割を持っています。

人間は太古の昔から日の出とともに活動を始め、
日没とともに休息(眠り)に入る生活サイクルを築いてきました。

この生活サイクルは人の体内で分泌されるメラトニンという
ホルモンの一種が関係しており、
人の体内時計(サーカディアンリズム)として、
今も機能しています。

メラトニンはブルーライトの波長を浴びることで血中濃度が減少し、
ブルーライトが減少するとメラトニンの分泌量が増えます。

そしてメラトニンは睡眠と関係しており、
メラトニンの分泌量が増えると脈拍や体温・血圧などが低下してきて、
睡眠への準備を整えていきます。

睡眠から目覚めて朝日を浴びると眠気が取れるのは、
太陽光に含まれる青い波長の光がメラトニンの血中濃度が下げ、
脈拍や体温・血圧などを上昇させ活動に適した状態にするためです。

そこにもし、夜でもブルーライトを浴び続けるとどうなるか、
もうお分かりかと思います。

特に近年スマホの普及が著しく、
一日中手放せない人も多いことでしょう。

そして夜、なかなか寝付けない不眠症で悩む方は、
ブルーライトの影響がないか疑ってみたほうが良いかと思います。


【スポンサードリンク】


<ブルーライトへの対策は?>

ブルーライトが世間に浸透してきてから、
メガネ業界ではブルーライトをカットするメガネを提案していますね。

ブルーライトカットのメガネは度入りと度なしの両方が用意されています。

メーカーによってはPCメガネなどと呼ばれていたりしますね。

メガネの他にはパソコンやスマホの画面に直接貼る、
ブルーライトカットのフィルムもあります。

スマホなどではブルーライトをカットする
アプリなどもあるようです。

ブルーライトへの対策はこの他にも色々あるようですので、
気になる方はご自身で調べてみることをオススメします。

<まとめ>

パソコンやスマホなどを操作していて目が疲れるのは、
ブルーライトが目のピント調節に強い負荷をかけるためだと言われています。

そしてブルーライトの波長は、
体内時計を司るメラトニンと密接に関係しており、
夜も浴び続けると睡眠の質が低下するなどの問題が懸念されています。

睡眠は健康的な生活に欠かせないものですので、
ブルーライトへの対策を今一度見直してみてはいかがでしょうか?


【スポンサードリンク】