スポンサーリンク

歯磨きで吐き気がする原因は病気のサイン?朝に決まって吐き気をもよおす理由とは?

シェアする

食事の後はみなさん歯磨きをしますよね。

中には歯磨きが面倒で
あまりしていない方も若干いるかもしれませんが、
基本的には虫歯予防に歯磨きは必ずしているものと思います。

ところが、歯磨きをちゃんとされている方の中には、
歯磨き中に吐き気をもよおす方がいるようです。

歯磨き中に吐き気をもよおす症状をお持ちの方たちにとっては、
歯磨きをする時間はとても憂鬱なものですよね。

人によっては自分は病気なのではないのかと
疑ってしまうかもしれません。

もちろん病気の可能性もあるかもしれませんが、
では、いったい歯磨きで吐き気がする原因とは一体何なのでしょうか?

病院に行かなくても治る可能性はあるのでしょうか?

今回は歯磨き中に吐き気がする原因について調べてみました。


【スポンサードリンク】


<歯磨き中に吐き気がする原因は嘔吐反射かもしれません>

歯磨き

歯磨き中に吐き気をもよおす原因はいくつかありますが、
一番多いと思われる原因は嘔吐反射ではないかと思われます。

嘔吐反射とは人が持つ生理的な防衛システムで、
本来は口の中に異物が侵入してくるのを防ぐための防衛システムです。

歯磨き中の場合は歯ブラシが喉の奥を刺激した時に
起こりやすいようですが、
嘔吐反射の感度は個人差があり喉の奥に歯ブラシが当たらなくても
過剰に反応してしまう人もいます。

そして嘔吐反射になってしまった原因の多くは、
過去の嫌な体験や辛い記憶によるトラウマだと考えられており、
精神的な不安や緊張など心理的な要因によって、
嘔吐反射は起こりやすいようです。

また、嘔吐反射は花粉症やアトピー性皮膚炎などの
アレルギー体質を持っている人や、
物事に几帳面で神経質な人、
過度なストレスにさらされても起こりやすいと言われています。

<嘔吐反射への対策はあるのか?>

・歯ブラシのヘッドを小さめのものに変えてみる

歯ブラシ

歯ブラシのヘッドを小さめのものに変えるだけでも、
のどの奥に当たりにくくなり吐き気を起こしにくくなるようです。

特に奥歯を磨いている時にうっかり喉の奥を刺激してしまい、
吐き気を起こすことが多いようです。

虫歯なってしまっては元も子もありませんが、
嘔吐反射の強い人は奥歯の磨き方に注意しながら、
歯磨きをしてみてはどうでしょうか?

部分磨き用の歯ブラシを使ってみるのも良いかもしれません。

また、舌に歯ブラシが当たらないように
意識して歯磨きをしてみるのも効果的です。

・歯磨き粉の香料がきつくないものに変えてみる

歯磨き粉には様々な種類の香料がありますが、
これらの香料によっても吐き気を起こす原因になる場合があります。

香料があまりきつくないものにするだけでも、
症状が改善されるかもしれません。

・胃や肝臓の調子を整える

食べ過ぎや飲み過ぎ、ストレスなど、
日頃から不摂生がたたると胃や肝臓を悪くしがちです。

そうした症状を抱えていたりすると、
吐き気を起こしやすくしてしまいます。

健康管理やストレス解消など体の調子を健康に保つことも、
吐き気を抑える有効な手段になりえるでしょう。

・タバコのニコチンが吐き気を誘発する

タバコ

タバコに含まれるニコチンに有毒性があるのはご存知と思いますが、
ニコチンには催吐作用と呼ばれる性能があるため、
喫煙者は禁煙者より吐き気を起こしやすいと考えられます。

タバコを辞められるに越したことはありませんが、
禁煙できない場合には歯磨きをする前には、
タバコを吸わないほうが良いと思われます。

<歯磨き中の吐き気は決まって朝だけなんだけど?>

朝起きた直接は口の中が粘ついていて、
すぐに歯を磨く人もいるようですが、
歯磨き中に吐き気を起こす人は
朝食の後に歯を磨いてみてはいかがでしょうか。

朝起きてすぐは胃の中が空っぽの状態で
非常に吐き気を起こしやすい状態です。

朝起きた直後はうがいだけを済ませ、
朝食の後に落ち着いてから歯磨きをしてみると良いかもしれません。


【スポンサードリンク】


<女性の妊娠初期のつわり中は、歯磨きで吐き気を起こしやすい>

妊婦さんの実に15%ほどの人が、
つわりの時の歯磨きで吐き気を起こしやすいと言われています。

そのためつい歯磨きをおろそかにしがちですが、
虫歯になるリスクのほうがはるかに重大であると思います。

とは言え妊娠時のつわりの辛さは女性にしか分かりません。

つわり中の歯磨きの対処法はだいたい上記の対策と同じですが、
無理をせずに調子の良い時間帯に歯磨きを済ませるのが良いようです。

また、歯磨き粉やつばなどが喉の奥に溜まっても
吐き気を起こしやすいといいます。

歯磨きをする際に下を向いて、
喉の奥につばや歯磨き粉が溜まらないよう工夫するのも効果的だといいます。

<まとめ>

歯磨き中に吐き気をもよおす原因の多くは、
奥歯を磨くときに歯磨き粉や唾液がのどの奥を刺激することによって起こる、
嘔吐反射と呼ばれる防衛システムが原因ではないかと思われます。

嘔吐反射の対処法は、
のどの奥を刺激しないようにヘッドの小さい歯ブラシに変えてみたり、
歯磨き粉の香料を弱いものに変えてみたり、
タバコを控えたりストレスを解消したりなど、
ちょっとした工夫や日々の健康管理に気を配ってみることが大切であると思います。

こうしたことを実践してみてもいっこうに改善できないようであれば、
胃や肝臓の病気を疑ったほうが良いかもしれません。

吐き気を起こしやすい主な病気は、
慢性肝炎、肝硬変、胃がん、流動性食道炎
などとなっています。

できるだけ早く医者に診てもらうことをオススメします。


【スポンサードリンク】


シェアする

フォローする