歯磨きのタイミングは食後いつする?理想的な時間と回数は一日にどのくらいなのか?

シェアする

テレビなどのメディアで度々取り上げれている
歯磨きをするタイミング、
ずっと以前の常識は一日3回、
食後3分以内で、歯を3分間磨きましょうという、
【3・3・3】の歯磨きのルールというものがありました。

ですが、現在のライフスタイルや医療の発展とともに、
この歯磨きのルールは見直しが必要と考えられ、
歯磨きのタイミングや歯を磨いている理想的な時間や回数などは、
歯医者さんでも意見が別れています。

では、現在最も有効であると思われる
理想的な歯磨きのタイミングとは一体いつなのでしょうか?

今回は歯磨きのタイミングについて調べてみました。


【スポンサードリンク】


<歯磨きをするタイミングはいつが理想的?>

おいしい食事を食べたあとは歯の健康のために歯磨きをする、
さて?食べてからどのタイミングで
歯磨きをするのが良いのでしょうか?

食事前に歯磨きをする人も若干いるかもしれませんが、
今回は食後の歯磨きのタイミングについて調べてみました。

すると歯の専門である歯科医が推奨する食後の歯磨きのタイミングは、
食べ終わったらすぐが良いとの意見です。

ただ、あまり厳密に食後◯◯分以内に
歯磨きをしなさいといった制約はしておらず、
自分の好きなタイミングで余裕のある時に
歯磨きをすればいいといった意見もあります。

そしてどの歯科医も提言しているのですが、
何よりも最も重要であると言われる歯磨きのタイミングは、
寝る前の歯磨きを特に丁寧にするべきだと言います。

<一日の中で歯磨きは寝る前が一番重要!>

歯科医が最も重要視する歯磨きのタイミングは、
寝る前の歯磨きです。

睡眠

なぜなら人の口の中は多くの細菌が潜んでおり、
これらの細菌は虫歯の原因を作ったり、
口臭の原因になったりしています。

通常、健康でお口にトラブルがなければ
唾液がこれらの細菌の活動を抑制し、
口臭や虫歯になるのを防いでくれています。

つまり、唾液には抗菌作用があり、
天然のデンタルリンスだと言われています。

ところが、お口にトラブルのない健康な人であっても、
眠っている間は唾液の分泌が著しく減少し、
細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

細菌たちにとって人が眠っている間は
活発に繁殖しやすいゴールデンタイムであり、
虫歯は眠っている間に出来てしまいます。

ですので、寝る前の歯磨きは一日の中でも
特に入念にしなければならないと言います。

<歯磨きの回数は一日何回が理想的?>

大体どの歯科医も朝・昼・晩、
毎食後に歯磨きをするのが良いといいます。

歯磨き

実は細菌は歯垢(プラーク(細菌の塊))が形成されてから24~48時間で、
虫歯や歯周病の原因になる酸や毒素を出すといいます。

そのため極端な話、
完璧な歯磨きが出来さえすれば一日に一回で良いといいますが、
完璧な歯磨きが出来る人はまずいないので、
毎食後に歯を磨くことを推奨しています。

その際歯ブラシでの歯磨きはもちろんのこと、
デンタルフロス(糸ようじ)を併用した
プラークコントロールが非常に効果が高いといいます。

一般的に歯ブラシでの歯磨きでは歯垢は
60%程しか落とせていないといい、
デンタルフロス(糸ようじ)を併用してやっと80%落とせるそうです。

そして80%のプラークコントロールができれば、
虫歯を予防できるといいます。

そのほか、フッ素入りの歯磨き粉を使用するのも
虫歯予防には非常に効果が高いといいます。

その際うがいは1回で十分で、
うがいをし過ぎるとフッ素はみんな流れてしまうそうです。

<食後30分経ってからの歯磨きという説は?>

一時期テレビなどのメディアで紹介されていましたが、
食後30分経ってから歯磨きをしたほうが良いと
紹介されていました。

その理由は食後すぐに歯磨きをすると
歯が削れてしまうといった理由でした。

歯磨きのタイミングは食後すぐと言った意見と、
食後30分経ってからという意見では、
どちらが正しいのでしょうか?

結論から言うとどちらが正しい、
間違いというのはありません。

食後30分という考えは、
酸性食品を食べたり飲んだりした場合には、
食後30分~1時間経って
お口の中のpH(ペーハー)が中性になってから
歯磨きをしたほうが良いと言われています。

虫歯ができる原因は虫歯菌の出す酸が
歯を溶かすことが主な原因ですが、
それ以外にも食べる食品そのものが持つ酸性値によっても、
歯は溶かされ虫歯のような状態になってしまいます。

そこに歯垢も付着していれば虫歯は更に加速されるでしょう。

こういった酸性食品によって
溶かされた歯の状態のことを酸蝕歯(さんしょくし)といい、
日頃から酸性食品を取る機会の多い方は
歯に含まれるミネラルが溶け出しやすくなっており、
食後すぐに歯磨きをすると歯が削れてしまいます。

酸性食品によってお口の中のpHが酸性に傾いても
唾液の働きによってpHは中性に戻りますが、
その時間がだいたい30分から1時間であるため、
食後30分経ってから歯磨きをするという説が出来ました。

自分の食べている食事が
酸性食品なのかどうかを知っておくことも、
虫歯予防には大切であるといえるでしょう。


【スポンサードリンク】


<pH(ペーハー)と酸性食品とは?>

酸性やアルカリ性と言った言葉を
耳にしたことはあると思いますが、
私達にどういった影響を与えているのでしょうか?

pHとは水溶液の酸性・アルカリ性の程度を示す単位で、
0~14段階あり7を中性として、
0に近い方を酸性、
14に近い方をアルカリ性といいます。

人間の血液はpH7.35~7.45の
弱アルカリ性を保っています。

唾液のpHは6.7のほぼ中性ですが、
食品にもそれぞれ固有のpHを持っているため、
食事のたびにお口の中のpHは変化し、
食後に唾液によってpHは中性に戻っていきます。

そしてここで酸性食品が問題になるのですが、
人間の中で一番固いと言われる歯でさえも、
お口の中のpHが5.5以下に下がると
歯を構成しているミネラルが溶け出して
虫歯と同じ状態になってしまいます。

ですが唾液の効果によって
pHは6.7の中性に戻ればミネラルの溶け出しは止まり、
今度は唾液からミネラルを取り込むようになります。

このミネラルが溶け出している状態を
歯科用語で脱灰(だっかい)と言い、
逆に取り込みを再石灰化(さいせっかいか)と言います。

こうした脱灰と再石灰化は人が物を口にした時に必ず起こっており、
間食の多い人は脱灰になっている時間が長くなるため、
酸蝕歯によって歯のエナメル質が溶かされ、
より虫歯になりやすくなってしまいます。

できるだけ食事と食事の間は開けるようにして間食を減らし、
歯の再石灰化の時間を長くしてあげることが
虫歯予防に繋がると言われています。

<酸性食品とはどんなものがある?>

レモン

酸性食品と言われても、
どれが当てはまるのか結構解らないかと思います。

酸性食品の代表とも言える食品はレモンで、
pHは2.1となっています。

酸性食品は酸味の強い食品と思われがちですが、
酸味のある食品以外にも実に多くの食品が酸性食品となっています。

以下に主だったものとして

・米などの穀類
・肉や魚
・卵
・柑橘系の果物
・酢
・炭酸飲料
・スポーツドリンク
・マヨネーズやドレッシングなど
・果汁飲料
・ビールなどのお酒

ちなみにアルカリ性食品は、
豆類、海藻、野菜などです。

こうしてみると常日頃から食べている食品のほとんどは酸性食品です。

そのためお口の中のpHが中性に戻るのを待ってから、
歯磨きをしたほうが良いということなのでしょうね。

ただ、何人かの歯科医の考えでは、
食後すぐにpHの下がっているタイミングでの
歯磨きが歯を削ってしまうというのは、
ごくごくわずかなものであると考えており、
歯磨きは食後すぐでも問題無いと思われます。

<まとめ>

歯磨きのタイミングは食後直ぐを推奨しますが、
それほど神経質になって歯磨きをしなければ
いけないというわけでもないようです。

また、pH(ペーハー)の観点から、
食後30分が良いとも考えられており、
酸性食品によって酸性に傾いたお口の中のpHが、
唾液によって中性に戻る時間が30分位からということになります。

pH5.5以下まで下がると歯のエナメル質が溶かされてしまい、
その状態の時に歯磨きするのは歯を削ってしまうと言いますが、
歯磨きによって削られる量はごくわずかだと考えられ、
すぐに歯磨きをしても問題無いとも言われています。

歯磨きのタイミングを食後すぐにするか、
30分以上開けるかは、
ご自身のライフスタイルと相談されるのが良いかと思います。

ですが最も重要な歯磨きのタイミングは寝る前の歯磨きで、
眠っている間は唾液の分泌が極端に少なくなるため
細菌が活発に繁殖しやすくなります。

完全に虫歯菌をなくすことは出来ませんが、
寝る前にできるだけ虫歯菌を減らすことが
虫歯予防になるでしょう。


【スポンサードリンク】