成功者の時間の使い方とは?時間の使い方の上手い人と下手な人の違いとはなにか

シェアする

『時は金なり』ということわざがありますが、
どんなにお金持ちでも貧乏人でも平等に与えられているのが時間です。

そして沢山のお金を手に入れた成功者たちはみな、
口をそろえてお金よりも時間のほうが大切といいます。

成功者の多くは時間の使い方が上手で、
時間の使い方の下手な人は何かを成し遂げたいと思っても、
途中で諦めてしまったり、挫折してしまうようです。

ではこうした失敗をせず、
成功者になる方法はあるのでしょうか?

鍵となるのは時間の使い方にあるようです。


【スポンサードリンク】


<時間の使い方には種類があります>

clock-353777_640

どんな人にも時間は一日に24時間与えられていますね。

この時間の中には人が生きていくのに欠かせない大切な時間の使われ方から、
さほど重要ではないことのために使われる時間など、
様々に消費されて一日24時間が終わります。

そしてこの時間の使い方には、
『消費』、『浪費』、『投資』と3種類に分けられます。

<時間の消費とは?>

人が生きていくのに欠かせない時間の使い方になります。

主に食事の時間、仕事や勉強の時間、寝る時間が消費に当たり、
成功者たちはこの消費の時間を削ったりはしません。

よく、時間がない、忙しいという人たちほど
この消費の時間を削ろうとしてしまいがちなのですが、
いっとき食事や睡眠時間を削るぐらいは問題がないでしょう。

ですが、それが慢性化すると健康に害が生じて、
仕事や勉強の効率が下がり最悪病気になってしまうこともありえます。

病気で寝込んでしまえば、
かえって時間の無駄になってしまいますね。

<時間の浪費とは?>

時間の無駄遣い、つまり消費の時間でもなく、
自分の成長につながらない時間です。

例えばテレビを見る時間、趣味や遊びの時間、友人知人、
会社の同僚との飲み会の時間などが、
浪費に当たります。

人が生きていく中で潤いというものも大切ではありますが、
こうした浪費の時間というものは、
慢性的にダラダラ使ってしまいがちなので、
成功者たちはこうした時間の浪費を極端に嫌い、
できるだけ削ろうと努力します。

この部分から、成功者と失敗者の明暗が分かれてくるのでしょうね。

<時間の投資とは?>

自分の将来のために勉強などをする時間です。

成功者たちが最も大切にするのが投資の時間です。

成功者たちの多くはその後の人生においても、
多くの投資の時間を設けて、自身を成長させ続けています。

だから仕事などで大きな成功を収めた人たちは、
その後も多くの富を手に入れることができるのですね。

<時間を上手に使うための心がけ>

成功者になるためには
投資の時間を作ればいいことが分かるかと思いますが、
多くの人が時間がなくて困っていると思います。

時間を作るためによく
一日のスケジュールを立てるといいと言われますが、
スケジュールを立てても時間が出来ないという人もいるようです。

実は時間が無いというのは言い訳のようなもので、
厳しい言い方になりますが、
時間は自分で作らなければいけません。

あなたが何かを成し遂げたいと考えているのなら、
先ほど上げた浪費の時間である
趣味の事や友人たちと合うことをできるかぎり減らして、
投資の時間に当てなければ時間は生まれません。

ですが、ずっと続けていくのはストレスが溜まるでしょうから、
時間を区切って遊ぶなどしたほうが、
長く続けることが出来るでしょう。

こうしたことが習慣化すれば、
別に苦になることはなくなるでしょうね。


【スポンサードリンク】


<やらなければいけない嫌なことから先に片付ける>

どうしてもやらなければいけないけど、
やりたくない事ってありますよね。

こうしたものは先延ばしにしないほうがいいです。

成功者たちはこれらを先延ばしにはせず、
たいてい今すぐに終わらせようとします。

結局後でやらなければいけないのならば、
すぐに決断してやるということですね。

この、今すぐやるという考え方、決断力の早さは、
成功者の必須スキルのようです。

決断力の早さが上がれば思い悩んでいる時間も無くなり、
結果時間は効率良く使うことが出来るようになります。

時間の使い方の下手な人は、
やらなくてはいけないけどすぐにやる必要のないことというのは、
後回しにしてズルズル先延ばしにしてしまうようです。

そして後になって時間がないと騒ぐパターンに陥るみたいですね。

<物事に優先順位をつける>

時間の使い方の上手い人は、
やらなくてはいけないことと、そうでもないことを区別して、
行動の優先順位を決めています。

そして優先順位の高いものから手をつけていきます。

その時に自分にとって得意・不得意があるかと思いますが、
不得意=嫌なことから片付けるようにするほうが、
後の気持ちが楽になるかと思います。

先ほど上げた、先延ばしにしないということが、
重要かと思います。

<日々の生活の惰性をやめる>

習慣になっているからと、
毎日何となく惰性でやっているテレビを見たり、
遊びやネットサーフィンなどは、
単なる時間の浪費です。

時間を有効に使いたいなら、
無駄な浪費は極力削る努力をしなければいけません。

ですがテレビを見ることなどが悪いわけではなく、
計画的に時間を使えているかどうかです。

自分に甘い人ほどちょっとだけのつもりが、
ダラダラ何時間も過ぎてしまうことは
経験があるのではないでしょうか?

時間を区切るということが、
とても大事になってきます。

<まとめ>

時間には消費、浪費、投資の3つがあります。

時間の使い方の上手い人は、
浪費の時間を極力抑える行動をしています。

そして成功者と呼ばれる人たちは、
浪費を抑えて生まれた時間を投資に当てています。

自分の将来のために必要な成長の時間を作っているのです。

あなたが今やっていることは、
自分の将来のためになることですか?

自分が本当にやりたいことですか?

あなたが心から喜べることですか?

こういった意識を心がけるだけでも、
自分が今、何をすべきかは見えてくるかと思います。

どんな人にも時間は有限です。

あなたの一日の時間が有効に使われているか、
今一度見直してみることをお勧めします。


【スポンサードリンク】