ホホバオイルの特徴と効果・効能

シェアする

<ホホバオイルの特徴と効果・効能>

蝋

ホホバオイルはオイルと呼ばれますが、
正確には常温で液体の状態にある
ワックスエステル(蝋)という変わった特徴があります。

通常、オイルと呼ばれるものは常温で液体のものを『油』、
固体のものを『脂』と呼び、
不飽和脂肪酸を含んで酸化しやすいものです。

対してワックスは通常では常温で固体であり、
科学的に安定しているため酸化しにくい特徴があります。

砂漠に生きるホホバにとって水分を維持することは死活問題です。

そんな過酷な環境下でも生育できるホホバの秘密は優れた保湿力であり、
それを可能にしている成分がワックスエステルなのです。

ワックスエステルは人の皮脂にも約25%含まれ、
水分の蒸発を防ぐためには欠かせない成分であり、
その効能は人の皮脂と同じく乾燥を防ぐ効果があります。

また、科学的に安定したワックスエステルは、
70℃以上の人が火傷するような高温にさらされていても
品質の劣化(酸化)が全くなかったという実験結果があり、
このことからも品質の安定性が認められ、
アレルギーの原因になりえる防腐剤
酸化防止剤などの添加物を使う必要がないため、
肌の弱い赤ちゃんや妊婦さんのほか、
敏感肌の人にも極めて安心して使うことができます。

介護の現場においても低刺激なホホバオイルの特徴は、
お年寄りや寝たきりの患者さんへの肌ケア
使われるほど安全性と信頼性を得ており、
ほぼどんな肌質の人にでも使うことができると言われる
万能なオイルなのです。

そして、オイルというイメージが先行して
ベタベタすると思われがちですが、
人の皮脂成分と同じワックスエステルは
サラサラとして肌馴染みが良いのも特徴の一つで、
加えてホホバオイルには皮脂調整作用があり、
例えばひどい脂性肌でニキビや吹き出物ができやすい人でも
皮脂の分泌を抑えてニキビや吹き出物の治療に
効果が期待できます。

逆に乾燥肌の人は砂漠の環境下でも生育できる
強力な保湿効果によって、
角質層の潤いを閉じ込め健康的な美肌を形成し、
肌のバリア機能を正常に保って
シミやくすみになりにくい肌になります。


【スポンサードリンク】