花粉症の時期はいつから始まりピークはいつまで|花粉症対策はお早めに

シェアする

冬の寒さが和らぎ暖かくなってくる春になると、
毎年のことながら花粉症を患っている方にとっては、
憂鬱なシーズンが到来します。

せっかくの新年度に変わろうという時期に、
花粉症に悩まされるのって経験者にしか分からないことですよね。

そんな憂鬱な花粉症の始まる時期を知って、
早め早めの対策が必要です。


【スポンサードリンク】


<花粉症の時期はいつから?>

スギ花粉
画像提供「花ざかりの森」

大抵の花粉症患者の場合は、
スギ花粉が飛散する時期から
鼻水や鼻づまりを訴えるようになります。

重度の花粉症を患っている方の場合は、
早いと1月前半から始まりますが、
スギ花粉の飛散時期は桜前線のように南から始まり、
どの地域もだいたい2月ごろから花粉症の症状が出始めてきます。

ちなみに北海道と沖縄にはスギがほとんど存在しないため、
この地域の人はスギ花粉に悩まされる人は少ないでしょうが、
花粉症が発症する原因となるのはスギだけではないので、
注意は怠らないようにしましょうね。

<花粉症のピークはいつまで続く?>

花粉症のピークについても、
その年の気温や地域によって変わってきますが、
おおむね3月ごろから4月いっぱいまでピークは続きます。

実は花粉症患者の多くはスギ花粉を原因として
目や鼻の不調を訴えますが、
スギ花粉で発症する7~8割の人が
ヒノキの花粉でも花粉症になっています。

ヒノキもスギとほぼ同じ時期にピークを迎え、
スギもヒノキも5月頃には落ち着いてきます。

<花粉症はどう対策する?>

花粉の飛散量で特に注意したいのが、
前日に雨が降ったりして気温が下がり、
翌日に晴れて南からの温かい風が吹いた時は
花粉の量が増えます。

基本的なことですがメガネにマスクは必需品です。

今はどちらも花粉症対策用に、
高性能なメガネやマスクがドラックストアなどで手に入るので、
それら花粉症対策グッズを利用するのがよいでしょう。

外出はできるだけ避けたいですが、
外へ出るときは髪に花粉がつかないように帽子をかぶり、
コートは表面の素材がツルツルした、
花粉がつきにくいものを選ぶほうが良いです。

室内に入るときは外で花粉を払うようにし、
なるべく室内に花粉を持ち込まない工夫が大切です。

玄関に空気清浄機を置くのも効果が高いようです。


【スポンサードリンク】


<花粉症の原因はスギ花粉だけではない>

花粉症は春になると発症するものと思われがちですが、
実は一年中花粉症に悩まされる人も存在します。

厳密には花粉症ではなく通年性アレルギー性鼻炎を併発していて、
いわゆるカビや埃、ペットの毛などでアレルギーを起こしていたりします。

また、スギやヒノキ以外にも花粉症を引き起こす植物は存在し、
北海道で多いシラカンバや、
カモガヤやオオアワガエリなどのイネ科の植物、
ヨモギやブタクサなどのキク科の植物など
日本では約60種類以上の植物で花粉症を引き起こすと言われています。

<まとめ>

日本人の約25%の人が花粉症だと言われていますが、
今現在花粉症でない人も近い将来
花粉症にかかってしまうかもしれません。

かくいう私も20歳頃まで花粉症ではなかったのですが、
目や鼻の不調を感じて花粉症デビューを果たしてしまいました。(涙)

花粉症になる確率はそれまでに花粉を吸い込んできた量が関係するといいます。

現在花粉症でない人も、
マスクなどをして花粉を吸い込まない努力が必要なのかもしれませんね。


【スポンサードリンク】