酵素玄米の効果はダイエットや便秘改善だけでなく美容にも効果的!

シェアする

最近の健康ブームでは様々なものが注目されていますが、
酵素玄米についてもご存知でしょうか?

以前からSMAPの木村拓哉さんも
健康法として酵素玄米を食べているようですし、
美人女優の石原さとみさんも
自分で作って食べているそうです。

では芸能人たちも魅了する酵素玄米とは
いったいどういうもので、
どんな健康効果が期待できるのでしょうか?

今回は酵素玄米がどれほど健康に
効果的なのかをお届けしたいと思います。


【スポンサードリンク】


<芸能人も魅了する酵素玄米とはどんなもの?>

酵素玄米とは通常の玄米に小豆と少量の塩をまぜて炊き、
炊きあがってすぐに食べるのではなく
およそ3日ほど保温して寝かせたものが酵素玄米です。

炊きあがった玄米を3日ほど寝かせていることから、
『寝かせ玄米』とも言われているそうですよ。

<なぜ3日も保温して寝かせておくの?>

通常の炊飯器で玄米を炊くと水分が浸透しずらく、
食感がボソボソで消化もあまりよくありません。

そのため玄米が健康に良いと分かっていても、
なかなか毎日の食事に食べ続けるのは大変ですよね。

その点、酵素玄米は数日寝かせておくことで
玄米の糖分の中に含まれる酵素が活性化されて
水分が程よく均一になりもちもちの食感になって
非常に食べやすくなります。

近年の健康食ブームと玄米をふっくら炊ける
圧力鍋が普及し始めたことによって
玄米をチョイスする人も増えてきたようですが、
一手間加えて酵素玄米にして食べると
ギャバと呼ばれる栄養成分が
通常の玄米以上に取れるようになります。

普通に炊いただけの玄米は健康に良くても
食べずらいのが難点ですが、
酵素の力でもちもち食感になり
食べやすくなった酵素玄米なら、
毎日食べ続けることも出来そうですね。

<酵素玄米で得られる健康効果の数々>

・玄米と白米、カロリーはどうなの?

 玄米1

玄米は健康にいいイメージなのだから、
白米に比べてカロリーが低いと思われがち。

でも実際は玄米も白米もカロリーはほぼ一緒です。

玄米 100g 165キロカロリー
白米 100g 168キロカロリー

・玄米でダイエット

ダイエット

玄米が白米より優れている点は
副栄養素と言われるビタミン、ミネラル、食物繊維が
豊富に含まれているからです。

そもそもカロリーは三大栄養素である
炭水化物と脂質、たんぱく質の合計数値で計算されます。

そのため、ビタミン、ミネラル、食物繊維は
カロリーに含まれません。

ダイエットをする上でカロリーはとても気になる数値でしょうが、
痩せるためには摂取したカロリーを
代謝する必要があります。

そしてカロリーを代謝するためには三大栄養素以外の
ビタミン、ミネラル、食物繊維の副栄養素が重要となってきます。

これらの副栄養素は体を形作る細胞の活性に必要であったり、
新陳代謝や栄養素の消化吸収を助けるのに必要であったりと
必要量こそ少量ですが非常に重要な役割を果たしています。

そのためダイエットにはカロリーを抑えるだけではだめで、
ビタミン、ミネラル、食物繊維の
副栄養素を十分にとる必要があるのです。

玄米は白米に比べて副栄養素が豊富に含まれており、
人が健康を維持するのに必要とされる栄養素のほとんどを
摂取することができる『完全栄養食』と呼ばれています。

いつも食べている白米を玄米に置き換えるだけで、
無理せず自然とダイエット効果が期待できるのです。

・解毒作用(デトックス効果)

人は生活するうえで知らず知らずのうちに
体内に毒素をため込んでしまいます。

それは環境ホルモンであったり、
農薬や水銀であったりします。

こういった毒素は人の体内に
知らぬ間に少しずつ蓄積され
やがては体中のあらゆるところに悪影響を及ぼし、
悪さをして悪性腫瘍、
いわゆるガンを引き起こしたりします。

玄米には胚芽(はいが)と呼ばれる部分がありますが、
この胚芽の部分にはフィチン(フチンとも?)と
呼ばれる成分があり、
体内の毒素を排出する効果を発揮します。

デトックス効果のある食べ物は
玄米の他にも様々にありますが、
毎日の食事に無理なく取り入れられるとすれば、
玄米はうってつけではないでしょうか?

【フィチンに関する余談】

※余談1
フィチンに関してはネット上で
健康に良いとか悪いとか様々に議論されていますが、
フィチンが人の体内の毒素を
排出してくれることは確かだと思われます。

また、玄米には『フィチン酸』があるというワードを見かけますが、
玄米に含まれる成分は『フィチン』という物質で、
フィチン酸とフィチンは違うもののようです。

フィチン酸とカルシウムやマグネシウムなどの
複数のミネラルと結びついた状態をフィチンというようです。

※余談2
フィチン酸にはキレート作用と呼ばれる
金属(ミネラル)と結びつく作用があって、
このキレート作用が人にとって大切なミネラルまで
奪ってしまうというという懸念があるようですが、
玄米に含まれるのはフィチンであり、
すでにミネラルと結びついた状態のものです。

胃酸の影響でフィチン酸とミネラルに分解され
体内でほかのミネラルと結びつくようですが、
フィチンがもともと結びついていた
ミネラルは体内で残るので
ミネラル不足になることはないと考えられています。

※余談3
フィチンは玄米に限らずごまや大豆、
トウモロコシや小麦、大麦、ココアなどの穀物に
玄米以上に多く含まれています。

・玄米で便秘改善?便秘になる?

腹痛2

便秘の悩みには食物繊維と言われるように、
食物繊維は腸の活性に必要不可欠です。

そしてダイエット効果の部分で軽く触れましたが、
玄米には食物繊維が豊富に含まれていますので
便秘改善に効果があります。

ですが玄米を食べ始めて逆に
便秘になったという報告もあるようです。

なぜ食物繊維を取って便秘になったり
改善したりという真逆の結果が出てくるのでしょうか?

おそらく原因は摂取する食物繊維の種類に
問題があると思われます。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、
その役割は異なっています。

水溶性食物繊維はその名の通り、
水に溶けて膨らみ便を柔らかくする働きがあります。

不溶性食物繊維は水に溶けませんが
水分を抱え込む性質があり、
便のかさを増やして排便を促す働きがあります。

これら2つの食物繊維はどちらかだけ
取っていれば良いというものではなく、
両方をバランスよくとらなければなりません。

そして食物繊維の理想的な摂取バランスは、
不溶性が2、水溶性が1とされています。

玄米の場合は不溶性食物繊維が多く、
野菜や果物などもバランスよく食べているといっても、
野菜や果物も不溶性食物繊維がほとんどです。

では、水溶性食物繊維が
どんなものに含まれているかというと、
昆布やわかめ、もずくなどの海藻類となります。

バランスの良い食事の中に海藻類を
積極的に取り入れるようにしましょうね。

・玄米で取ることのできるギャバの2つの効能

GABA(ギャバ)という成分をご存知でしょうか?

最近ではチョコレートなど様々な
食品に含まれているのを見かけますが、
ギャバは動物や植物のほか、
私たちの体内にも存在する
天然のアミノ酸のひとつなのです。

ギャバの正式名はγ(ガンマ)アミノ酪酸
(Gamma Amino Butyric Acid)を略して
GABA(ギャバ)といいます。

ストレス

アミノ酸と言えばたんぱく質を構成する素材ですが、
ギャバの役割は少々異なり
神経伝達物質を抑制する働きを持っています。

簡単に言えばストレスや興奮を抑える
リラックス効果があるということです。

何かとストレスにさらされやすい現代において、
ギャバの持つリラックス効果は
非常にありがたいものであると思います。

第2にギャバには高血圧を抑制する可能性があります。

血圧計

高血圧は腎臓病やホルモン異常など
病気が原因の可能性もあり確実なことは言えませんが、
主な高血圧の要因は食塩の取り過ぎ、
加齢による血管の老化、
ストレス、過労、運動不足、肥満、
その他遺伝的要因などがあげられています。

ギャバが高血圧を抑制することがあるのは、
興奮性の神経伝達物質であるノルアドレナリンが原因で
高血圧を引き起こしている場合です。

ノルアドレナリンは血管を収縮させる効果があり、
血管が収縮すると血液を流すのに
より大きな力(圧)が必要となり
血圧が上がってしまいます。

ギャバの効能は神経伝達物質である
ノルアドレナリンを抑制し血管を柔らかくして
血流をスムーズにする働きがあります。

高血圧は脳梗塞や心筋梗塞、脳卒中などの
重篤な病気に繋がる大変危険な症状ですので、
血圧を下げる降圧剤に頼るよりは
ギャバで血圧改善を試みるほうが
体への負担は少ないかと思います。

さて、ここで朗報です^^

ギャバは玄米に含まれる成分ですが、
酵素玄米として寝かせておくと
酵素の力でギャバがおよそ3倍にもなるそうです。

酵素の力で美味しくなって
ギャバも3倍なんていいことずくめですね。

・小豆のポリフェノールでアンチエイジング効果も!?

小豆

酵素玄米を作るときに小豆も一緒に入れるのですが、
この小豆には実は赤ワインと同程度の
ポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールが老化の原因である活性酸素を
除去してくれることはご存知かと思いますが、
小豆に含まれるポリフェノールは、
カテキン、ルチン、プロアントシアニジン、
アントシアニンなどです。

アンチエイジングといってもそれぞれ効果が違いますが、
カテキンは主に殺菌効果があり病原菌を退治してくれます。

ルチンは血管強化作用や抗酸化作用があり、
ビタミンCを伴うことでコラーゲン生成を促します。

プロアントシアニジンの効果は体内に入り込んだ
有害な金属イオンと結びついて体外に排出する機能のほか、
シミの原因となるチロシナーゼ酵素などの
酸化酵素の働きを抑える効果があります。

アントシアニンは眼精疲労の緩和に効果的ですね。

ポリフェノールだけでも小豆はすごい力を秘めていますが
それ以外にも食物繊維やビタミン、鉄分、カリウムなどの
栄養素も併せ持っています。

そこに酵素玄米も合わされば、
これ以上にないほどの栄養素がたったお茶わん1杯で
毎日無理なく取れるのですからすごいと思いませんか?

酵素玄米は体の健康はもちろんのこと、
美容にも効果的で芸能人の木村拓哉さんや
石原さとみさんもハマっているそうですよ。


【スポンサードリンク】


<自宅の炊飯器で作る酵素玄米の炊き方>

酵素玄米を提供する飲食店が増えてきていますが、
実は酵素玄米は自宅でも炊くことができるのです。

食べるまで3日の手間がかかりますが、
自宅で食べられるのならチャレンジしてみませんか?

では、酵素玄米を自宅の炊飯器で作る方法をご紹介します。

1.材料を用意します。
    玄米4合、小豆50g、天日塩3g

2.ボウルに玄米と小豆を入れ、
  軽く洗って半日ほど水につけておきます。

  玄米を強く洗ってしまうと胚芽や玄米の栄養が
  流れてしまうので注意しましょう。

  また、洗う際にゴミなどが浮いてきたら取り除きましょう。

3.半日ほど水につけたらザルに上げて水を切り、
  もう一度ボウルに移して水600cc、
  天然塩を加えて均一になるまで混ぜ合わせます。

4.3をそのまま炊飯器に移し、
  水加減を調整して『玄米コース』で炊きます。

  炊飯の炊き分けができない場合は、
  通常の炊飯でもOKです。

5.炊き上がったら蓋を開けずに1時間ほど蒸らしてから
  上下を返すように混ぜ合わせます。

6.炊飯器は保温にしたまま1日1回はかき混ぜ、
  3日目くらいから召し上がれます。

玄米が腐らないか気になるかと思いますが、
73℃以上で保温しておけば
微生物や細菌が活性化しないので腐らないそうです。

この状態で1週間ほどおいしく食べられるようですが、
心配な方や炊飯器の占領が気になる方は
小分けにして冷凍保存も出来るのでお試しを。

<まとめ>

酵素玄米の効果について
お届けしましたがいかがだったでしょうか?

玄米を普通に食べても
健康食として十分な効果がありますが、
食感の癖が強く食べ続けるのは結構大変です。

また、酵素玄米にして食べるのも若干の手間がかかり
炊飯器もしばらく占領しちゃうので
難点といえば難点かもしれません。

ですが、酵素玄米はそれを補って余りある
素晴らしい健康効果が期待できます。

玄米は通常の白米と比べカロリーが
ほとんど変わらないのに酵素玄米に置き換えるだけで、
ダイエット効果やデトックス効果、
便秘が改善したり、アンチエイジング効果も見込めます。

高血圧の抑制にも効果があるようですよ。

東京のお店でも酵素玄米を
食べさせてくれるお店が増えているようで、
女性のお客さんの多くがリピーターになるほど
好んで食べられているのだとか。

また、芸能界の女優やモデルの人たちもその美貌に
磨きをかけるために酵素玄米を
実践している方も多いそうですよ。

あなたも気になるようでしたら、
酵素玄米を実践してみてはいかがでしょうか?


【スポンサードリンク】