もち麦ダイエット方法!炊き方簡単!食物繊維の効果で食べながら痩せよう!

シェアする

ずいぶん前からもち麦便秘解消ダイエット
効果があると何かで耳にするようになりました。

そうこうするうちにテレビや雑誌などの
メディアでも取り上げられるほどに、
もち麦の優れた健康効果が紹介されるようになっており、
私はなんだか取り残されている感を
ヒシヒシと感じている今日この頃(涙)。

もち麦っていったいなんだ!?

普通の麦とは違うのか!?

モチって太りそうなイメージがあるけど
なぜダイエット効果があるのだろう?

もち麦を食べてのダイエット方法って
いったいどうするのだろう?

いろいろ気になることがあったので
もち麦について調べてみました。^^

もち麦と押し麦の違いについてはこちらをどうぞ^^


【スポンサードリンク】


<もち麦がなぜダイエット効果を発揮するのか?>

・インスリンの過剰分泌を抑える

よく、食事は野菜から食べると血糖値が上がりにくくなって、
太りにくくなるといいます。

その理由は血糖値が上がることによって
分泌されるインスリンの過剰分泌を
抑えることができるからです。

インスリンの効果は上がった血糖値を
正常値に下げる働きとともに、
消費しきれなかった糖質(カロリー)を
脂肪として蓄える働きもあります。

これは生き物にとって
生きるために必要な自然な機能ですが、
とかく美を意識する人間にとっては
厄介な働きでもありますね。

太りたくないからといって
インスリンが分泌されなければ、
高血糖になって病気になってしまいます。

それなら、血糖値が上がりにくくすればよいということで、
そこで活躍するのが
水溶性食物繊維大麦βグルカンです。

・食後血糖値の急上昇を抑える

食物繊維の効果は腸内環境を整えるだけではなく、
血糖値の急激な上昇を抑える効果もあります。

白米だけの場合、
もち麦に比べると食物繊維が少なく糖質が多くなるため、
消化吸収が早く血糖値が上がりやすいです。

ですが、食物繊維が多くなることによって
食物繊維が糖質の吸収を阻害する働きをするため、
血糖値も急激に上がりにくくなります

これは食物繊維は胃で消化されず腸まで届くため、
全体的に食事をしたものがゆっくり消化吸収されるため、
血糖値も緩やかに上がるのです。

そのため血糖値を下げるインスリンもゆっくり分泌されるため、
糖質も脂肪に変わりにくくなりダイエット効果が現れるのです。

<もち麦ダイエットの方法>

もち麦ダイエットの方法は
基本的には置き換えダイエットです。

いつも食べている白ご飯にもち麦を混ぜて炊いたご飯を
一日2食以上食べることで徐々にダイエット効果が表れます。

特別な制限といえるようなものはありませんが、
もちろん一回の食事量が茶碗2杯も3杯も
食べるようでは効果は期待できませんし、
即効性のあるダイエット方法でもありません

さらに最低でも2~3週間ほど長期的に
継続していかないと効果は実感できないでしょうし、
効果が実感できた期間も個人差があります。

ですがほかのダイエット方法と比べれば
非常に続けやすい方法ですし、
もち麦ご飯といっしょに
おかずも普通に食べても大丈夫です。

そしてもち麦ダイエットは早い人なら
2週間ほどで効果を実感できるでしょう。

<もち麦ダイエットで効果が出ない人は?>

もち麦ダイエットは簡単に始めることができますが、
即効性のあるダイエット方法ではないため
続けていても効果があるのか
疑心暗鬼になる人もいると思います。

もちろんすべての人に効果があるとは言えませんが、
効果が出ない場合は以下のことに注意してください。

  • もち麦以外の別の食物繊維を取れていない
  • 効果を高めようとしてもち麦ご飯を食べ過ぎている
  • もともと腸内環境が良くないため効果が表れるのに時間がかかる
  • 始めて数日で効果を期待しすぎている

以前、もち麦と押し麦の違いの記事においても説明していましたが、
食物繊維には水溶性不溶性の2種類あるので、
どちらか一方だけ取っているのでは便の排出はうまく作用しません。

不溶性2水溶性1の割合が理想的ですので、
もち麦以外の別の不溶性食物繊維を
同時に取るようにしてください。

また、過ぎたるはなお及ばざるが如しです。

食べ過ぎはダメですし、
何度も言いますが即効性もありません

気長に続けていくようお願いします。^^

<もち麦がデメリットになってしまうことも!>

もち麦は食物繊維が豊富なほか、
亜鉛鉄分マグネシウムなどの各種ミネラル、
ビタミンB1ビタミンEなど
多くの栄養素を含む優れた食品ですが、
やはり人によって体質的に
合わなかったりすることもあります。

例えば便秘解消に非常に効果的な大麦βグルカン
人によってはお腹が緩くなってしまうという報告があります。

単純に食べ過ぎによる軟便の可能性もありますが、
もし自分には合わないと感じたら無理をせずに
もち麦を止めるほうが良いでしょう。

もし続けていくというのであれば
体調に注意しながら食べる量に注意して
続けてみてください。

また、もち麦ご飯を炊飯器で
長時間保温していると麦独特の香りが出てしまいます。

麦の香りが好きというのであれば構いませんが、
その香りが鼻について食べづらいという人もいます。

出来るだけ食べ切る量で炊くことを心掛けるのが良いのですが、
もし残ってしまった場合は別の茶碗や器に空けて
冷蔵もしくは冷凍保存して
なるべく早く食べ切るようにしましょう。


【スポンサードリンク】


<もち麦ご飯のおいしい炊き方>

基本的なもち麦ご飯の炊き方を紹介します。

※準備
もち麦ご飯 3割炊きの場合

  • 白米  1合(約150g=約180cc)
  • もち麦 50g
  •    300ml(白米1合に200ml、もち麦50gに100ml)

1.最初に糠(ぬか)を落とすために白米を水に浸して
サッとかき混ぜ素早く水を流します。

2.お米を砥ぎます。

お米を砥ぐときはなるべく炊飯器の内がまを使わず、
別のボウルなどを用意するほうが望ましいです。

これは内がまの表面のフッ素加工が剥がれ落ちる原因になります。

また、お米が1年以上の古米でない場合は
力を入れ過ぎないように砥ぎます。

強く砥ぎ過ぎるとお米が割れて味が落ちる原因になります。

さらに、砥ぐときは水を入れたまま砥がないこと、
お米どうしの摩擦が起きないと不要な糠が
落とせないので注意してください。

3.2~3回ほどお米をすすいで砥いでを繰り返します。

様子を見ながらお米ののとぎ汁が薄くなるまで追加で砥ぎますが、
完全に透明になるまで砥いではいけません。

お米の栄養分が逃げてしまいますので、
適度に加減してください。

4.お米を砥ぎ終わったら釜に移して
1合に対して200mlの水を入れます。

もしお米が新米の場合はやや水を控えると良いでしょう。

5.もち麦を入れます。

もち麦は洗わずそのまま入れて、
軽くかき混ぜてください。

そしてもち麦50gに対して水を100ml追加します。

6.1時間ほどお米を浸水させてから炊いてください。

また、タイマーを使っての炊飯も大丈夫です。

以上がもち麦ご飯3割炊きの炊き方です。

もち麦の味や食感に抵抗がないようでしたら
混ぜる割合を増やしても良いでしょう。

水加減も炊き上がったお米の状態を見て、
好みに合わせて加減してください。

また、無洗米を使ってもOKですが、
水加減も若干変わると思いますので調整してください。

<まとめ>

もち麦のダイエット方法について
紹介してきましたがいかがでしょうか?

このダイエット方法はいつも食べている
白ご飯の置き換えダイエットですが、
ポイントとなるところは
水溶性食物繊維である大麦βグルカンで、
この大麦βグルカンが血糖値の急上昇を抑えて
インスリン分泌を緩やかにしてくれるために
痩せることができます。

もちろん高血糖の方にも
血糖値を下げる効果が期待できる
うれしい食事療法でもありますので、
ダイエットが目的でなくても
もち麦ご飯を始めてみてもいいかと思います。

そして何より特別な食事制限をせずに、
好きなおかずを食べても効果が期待できるというのは
ダイエットを続けていく上では大きなメリットでしょう。

『継続は力なり』、ですね。^^

【スポンサードリンク】


【スポンサードリンク】