眠りに関わる3つのホルモン

シェアする

眠る女性

私たちの体の中には様々な働きをする
ホルモンが分泌されています。

その中でもメラトニン成長ホルモンコルチゾールという
3つのホルモンは睡眠と覚醒に関わる重要なホルモン物質なのです。

上質な眠りを得るためにはこれら3つのホルモンが、
スムーズに分泌される状態を作ることが大切です。

では、これらのホルモン物質は
どのような働きがあるのか見ていきたいと思います。


【スポンサードリンク】


<睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニン>

日没

メラトニンは睡眠をつかさどる中枢的存在で、
別名『睡眠ホルモン』と呼ばれる物質です。

に強く反応を示すホルモンで、
明るい光の下ではメラトニンは分泌されず、
夕方から暗くなると脳の松果体(しょうかたい)から分泌されます。

規則正しい生活をしている人であれば、
朝日を浴びてからおよそ14~16時間後に分泌されるように、
体内時計によってコントロールされています。

ゆえに夜9~11時ごろに眠くなるのは、
メラトニンの作用によるものなのです。

⇒メラトニンについてはこちらの記事をどうぞ

<美容と健康に効果的な成長ホルモン>

少女

成長ホルモンというと子供から大人に成長するためだけの
ホルモンと思われがちですが(私だけ?)、
大人にとっても皮膚細胞の修復新陳代謝の促進
疲労回復に必要なホルモンです。

この成長ホルモンは眠りについてから
3時間くらいの深いノンレム睡眠時に、
脳下垂体(のうかすいたい)から集中的に分泌されます。

⇒ノンレム睡眠についてはこちらの記事をどうぞ

おそらく美容に関心の高い女性なら、
夜10時ごろに寝ないとお肌に悪影響があるといったような内容の、
『お肌のゴールデンタイム』という言葉を
聞いたことがあるかと思います。

このゴールデンタイムに関わっている
ホルモンが成長ホルモンなのですが、
実は夜の10時に寝なければいけない
といったことではないのはご存知でしょうか?

というのも成長ホルモンは決まった時間に分泌されるホルモンではなく、
先ほども触れたように、
成長ホルモンは眠りについてから
3時間ほどで分泌されるホルモンですので、
10時に眠らなければいけないということではないのです。

変に意識しすぎて眠ることがストレスにならないようにし、
途中で目が覚めたりしないようぐっすりと眠ることが
美肌作りにつながる成長ホルモンを分泌させる秘訣です。


【スポンサードリンク】


<目覚めに関わるホルモンのコルチゾール>

めざめ

人を眠りに誘うのがメラトニンでしたが、
コルチゾールはメラトニンとはおよそ反対の役割を持っています。

というのもメラトニンが光に反応して分泌されるのに対し、
コルチゾールは時間に依存する性質があります。

時間に依存するというのは実際に貴方が習慣的に起きている時間、
例えば7時だとして、コルチゾールは起きる3時間前から分泌され始め
起床前後に分泌量が最大になります。

この時には眠りに誘うホルモンであるメラトニンは減少しています。

また、コルチゾールはストレスホルモンとも呼ばれていて、
血糖値や血圧を調整する役割も担っています。

ちなみにここで言うストレスとは現代社会でさらされるような
慢性的な精神的負荷ではなく、
命に関わる危険な状態(ストレス)にさらされたときにコルチゾールは分泌されて
直ちに行動できる状態を作り出すホルモンという意味でのストレスホルモンです。

<まとめ>

睡眠に関しては3つのホルモンが
それぞれの役割を果たして分泌されています。

まず、光の刺激によって暗くなると
眠りを誘うメラトニンが分泌され始め眠りにつきます。

ついで眠りの深くなるノンレム睡眠時(およそ3時間後くらい)に
疲労回復や新陳代謝を促す成長ホルモンが分泌されます。

そして最後に起きる3時間前くらいからコルチゾールが分泌され始め、
起きて活動し始める準備が整っていきます。

これら3つのホルモンはどれか一つでもうまく機能しないと眠れなかったり、
寝ても疲れが取れなかったり、
なかなか朝起きられなかったりということになってしまいます。

質の良い睡眠を得るためには、
なるべく決まった時間に寝ることと起きることが大切です。


【スポンサードリンク】