スポンサーリンク

ポジティブになるにはプラス思考で前向きに行動しネガティブな現実逃避を止めるといい

シェアする

どんな人でも生きていれば嬉しい事や辛い事は経験するものです。

自分には何も変化のない毎日だと思っていても、
何かしら小さな出来事はあるはずです。

そして例え小さな出来事であったとしても、
人の心は揺れ動き思い悩んだりするものです。

あなたの人生が良いことばかりであれば素晴らしいかと思いますが、
残念ながら上手くいかないこともあるのが人生です。

そして嫌なことやトラブルがあった時に、
考え方がポジティブな人とネガティブな人とでは、
その後の行動に大きな違いが出てきます。

事によってはその後の人生を左右することもあるかもしれません。

誰だって後ろ暗いネガティブな思考を止めて、
前向きなポジティブ思考になりたいと思うことでしょう。

本記事はそんな現実逃避なネガティブ思考を、
前向きなポジティブ思考に切り替えて、
幸せになりたいと思っている方の参考になればと思います。


【スポンサードリンク】


<ポジティブ思考になるには行動しなければいけない>

joy-381902_640ネガティブ思考の人に多いことですが、
これから何かをしようとした時にあれこれ思い悩ませて不安になったり、
何かしらの理由をつけて行動を先延ばしにし、
結局行動に移せないことがよくあります。

そしてネガティブな思考の人にありがちなのが、
あの時◯◯しておけば良かったと後になって後悔します。

分からないことに対して不安を抱くのは誰にでもあることですが、
頭の中であれこれ悪い想像ばかりを膨らませて、
必要以上に恐れすぎては身動きがとれなくなります。

そうなるとネガティブ思考の人は、
どうせやっても失敗するとチャレンジすることを止めてしまいます。

ある程度は自分に出来そうかどうかは予測できるでしょうが、
実際にはやってみなければ出来るかどうかは分かりません。

人の命にかかわるような失敗というのは絶対にしてはいけませんが、
大抵の場合は多少の失敗は取り返せるものです。

ポジティブ思考の人は失敗してもいいくらいの気持ちで物事にチャレンジし、
初めてのことは出来なくて当たり前、
出来たらラッキー程度に前向きに考えています。

そしてもし失敗したとしてもポジティブな人は必要以上に落ち込まず、
失敗を成功に繋げようと努力します。

そう、失敗は成功のもとです。

ポジティブ思考になるには、
あれこれ考えている間にまずは行動してみることが大切です。

思い立ったら即実行することを心がけると良いと思います。

<ポジティブ思考になるには小さな成功体験を積み重ねる>

youth-570881_640

自分が今幸せだと感じ、なんの不安もないというのであれば、
それは素晴らしい人生だといえるでしょう。

ですが今の現状に不満を感じていて現状を変えたいと思っても、
なかなか新しいことへのチャレンジには勇気がいります。

新しいことへのチャレンジが失敗したらと思うと怖くなるのは当然のことですが、
だからといって何もしなければ現状は変わりません。

人は年齢を重ねるごとに家族であったり、
社会的地位であったりと守るべきものが増えていくものです。

それ故に現状の安定を望み、失敗を避けたいと願うのは当然なのですが、
あまりにも守りすぎては思考もネガティブになりがちです。

ポジティブな思考になるには小さな事でもいいので、
成功体験を積み重ねるといいでしょう。

そのためにはやはり行動力が必要です。

他人にとっては大した事では無いことでも、
あなた自身にはちょっと大変と思えることを成功させるのです。

小さな成功体験を積み重ねることであなたには自信が付き、
より大きなチャレンジに望めるような、
前向きでポジティブな思考に成れるでしょう。

<ポジティブな人は言い訳をしない>

ポジティブな思考の人は言い訳をしないといいます。

もう少し時間があったら~できるのに
もう少しお金があれば~が買えるのに

無い物ねだりは誰にでもあるでしょうが、
ポジティブな人は言い訳をせず、
時間がないならどう時間を作るか?
お金がないならどう稼ぐか?(どう節約するか?)
というように、
だったらどうするかを考えます。

逆にネガティブな人は『たら』『れば』をぐるぐる繰り返し考え、
かと言って行動することが無いため現状は変化せず、
気持ちはどんどん悪い方へと落ち込んでしまいます。

ポジティブ思考になりたいと考えるなら、
マイナス思考の『たら』『れば』をやめて、
どうしたらその考えや思いを実現させることが出来るかを考え、
出来ない言い訳を探さないことが大切です。


【スポンサードリンク】


<なんとかなるという前向きな考え方>

人は生きている限り、
どうしようもないようなピンチというものがあるかと思います。

そんな時、なんの根拠もなくても『なんとかなる』という考え方は重要です。

ネガティブな思考の人はこういったピンチに対して過剰に反応し、
もう駄目だと諦めてしまいます。

ですが諦めたからといって状況は好転しません。

ピンチというは結局何かしらのアクションがなければ解決されません。

そして大抵のピンチは終わってみれば、
大したものではなかったということが多いことでしょう。

あなたの思考がポジティブであれネガティブであれ、
結局このピンチはあなた自身が乗り越えなければいけないことなのだから、
どうせなら『なんとかなる』と楽な気持ちで望んだほうが良いと思います。

思い返してみてください。

今までの人生を振り返ってみれば、
あなたはいろいろなピンチを乗り越えて、
何とかなって今を生きているはずですから。

<人生は一度きり、悔いを残さず生きてみる>

当たり前の事ですが、人の人生はやり直しがききません。

そして歳を重ねるほど失敗を恐れて、
新しいことへの挑戦に慎重になりがちです。

しかし人の人生は思っているほどに短いものです。

あなたは今、なにか新しいことにチャレンジしたいけど
やるべきかどうかを悩んでいませんか?

そのチャレンジに対して成功を保証するものは何もありませんが、
やって見る価値というものはあるかと思います。

ですが行動しなければ何も起こらず、
のちにやらなかった後悔を抱えるかもしれません。

あの時やっておけばよかったと後悔するぐらいなら、
人生は一度きりと思ってやりたいことをとりあえずやってみる、
自分の直感を信じて行動することも
ポジティブに生きる秘訣ではないでしょうか。

<最後に・・・>

ポジティブ思考は生きる上での活力になります。

いつも不安に怯えネガティブな考えばかりを巡らせていると、
状況を好転させるきっかけを見失うばかりか、
最悪うつ病などの精神疾患を患う危険があるかもしれません。

ですがポジティブ思考も、
何も考えずに前向きに捉えるだけではなんともなりません。

あなた以外の他人や時間が何とかしてくれることもあるかと思いますが、
多くの場合、状況を何とかするのはあなた自身の行動です。

何か物事が起こっても決して悲観したりせず、
この程度で済んでよかったと前向きに捉え、
ならこの状況をどう解決していくかと行動に移していくことの積み重ねが、
真にポジティブ思考になれる方法ではないでしょうか。

ポジティブ思考になるには考え方を前向きにするだけでなく、
行動を伴わせることが非常に重要なコツだと思います。


【スポンサードリンク】


シェアする

フォローする