睡眠時間の理想は7時間がベスト?最適な睡眠時間は個人差もあるよ

シェアする

社会人

社会人になって仕事を始めると、
睡眠時間もなかなか十分に取れないと思います。

本当に忙しくて寝る間も惜しんで
働いているという人だと、
もしかすると一日2時間~3時間ほどしか
寝ていないかもしれません。

こういった短い睡眠時間しか取れない人たちは
精神的にも肉体的にも健康面で十分に注意して頂き、
出来ることなら睡眠時間を延ばせる生活ができるよう
改善を試みてもらいたいと思います。

そういうわけで今回は睡眠時間に関する
お話をしていきたいと思います。


【スポンサードリンク】


<理想の睡眠時間とは?>

7時の時計

一般的に睡眠時間の理想は一日7時間と言われていますが、
この時間は医学的な根拠に基づくものではなく、
多くの人がこれくらいの睡眠時間であるという
平均的な結果から出された統計にすぎません。

ですが、医学的に証明されたわけではありませんが
健康面においては7時間睡眠はどの時間帯よりも
ベストな睡眠時間であるとされています

また、美容のために夜10時までに寝ないと
お肌に良くないという話も耳にします。

いわゆるゴールデンタイムと呼ばれる時間帯ですが、
これも一部誤解された情報です。

ゴールデンタイムには成長ホルモンが関わって来るのですが、
成長ホルモンは睡眠後約3時間後に分泌されるホルモンなので、
何時に寝ようと3時間後にはゴールデンタイムはやってきます。^^

<ベストな睡眠時間は人それぞれ>

理想とされる7時間の睡眠時間は
すべての人に当てはまるものではないので、
人によっては3時間~4時間でも
十分な睡眠がとれる人もいれば、
9時間~10時間寝ても寝たりない人もいます。

そのため7時間より長くても短くても、
貴方が十分に眠れたと思えれば
それがベストな睡眠時間と言えます。

理想的な睡眠時間は個人差が大きいので、
一日7時間というのはあくまでも
平均的な目安だと思ってください。

基本的には毎日一定の時間
夜中に目が覚めることなくグッスリ眠れて
日中も眠気を感じることなくきちんと活動できていれば
十分な睡眠時間が取れていると言えます。

ただ、長期的な視野においては睡眠時間の長さによって
健康に影響を与える可能性も無視できないので、
睡眠時間は7時間を目安に
生活習慣を見直す努力をしてみてください。


【スポンサードリンク】


<貴方にとっての理想の睡眠時間は?>

理想的な睡眠時間は人それぞれ
個人差があると話してきましたが、
では、自分はいったい何時間くらい
眠ればベストな睡眠時間なのでしょうか?

それを知るためには自然と眠くなって寝た時間と、
スッキリ目覚めた時間を覚えておくことです。

めざめ

世の中には様々な情報があふれており
(このサイト自体がその一つですが(笑))、
その情報にこだわりすぎて
『〇〇時に寝なくては!』とプレッシャーを抱えてしまったり、
『5時間しか寝ていないから寝不足なんだ』と思い込むと
睡眠に対してストレスになってしまいます。

大切なことは、
グッスリ眠れた時の睡眠時間を毎日の生活の中に落とし込み、
起床時間を決めてから就寝時間を決めるのです。

例えばあなたが一日7時間眠れば十分な睡眠時間を確保できるとして、
朝7時に起きなければならないのでしたら、
夜は12時に眠ればよいというように習慣づけると
起床と就寝のタイミングが安定して、
眠り関係するホルモンの分泌と体内時計も整い、
毎日質の良い眠りを得ることができるようになります。

⇒眠りに関するホルモンはこちらの記事をどうぞ

そしてその時間は例え休みの日であろうと
できるだけ変えないほうが健康的に過ごせます

それでも休みの日には
少し長く寝ていたいとか寝足りないという時は
いつも起きている時間の1時間前後で起きるか、
いつも通りに起きて15分~30分
昼寝をするようにしてください。

睡眠時間がいつもと違うと体内時計が乱れてしまい、
かえって調子を崩すことになってしまいます。

<まとめ>

睡眠時間は7時間ほどが良いと言われますが、
睡眠時間には個人差があり誰にとっても
7時間睡眠が良いというわけではありません。

人によっては7時間より長かったり短かったりするので、
貴方にとっての理想の睡眠時間は
毎日の習慣から見つけてください。

そして睡眠時間はお仕事の日であれ休みの日であれ、
出来るだけ起床と就寝の時間を同じタイミングにしましょう。

起床と就寝の時間が毎日定まらないと体内時計が乱れてしまい、
睡眠の質も悪くなってしまいます。

もし寝足りないと感じるようでしたら、
午後に15分~30分の昼寝をすると良いでしょう。

休みの日こそダラダラ寝てないで平日通りスッキリ起きて、
時間を有効に活用したいものですね。


【スポンサードリンク】